バスカー 、新時代のアイリッシュブレンデッド。

バスカー アイリッシュ

めっちゃ飲みやすく、それでいてスカスカでもない。
出会いの印象は薄くても後からジワジワくる、そんなアイリッシュです。

バスカー(BUSKER) 40%

  • 香り…神社の屋台の水飴。りんご飴、洋梨、桜桃、カスタードクリーム。
  • 味…軽めのボディだが、やや粘り気。皮をむきたてのりんご、缶詰のフルーツとシリアル。後半にミント。
  • 総評…軽く飲みやすい。それでいてシャイなコンテンツの集まりで、要素を拾う楽しみが。ウイスキー未開拓の若い人に飲んでほしいな。

86点

@LEAP BAR

バスカー アイリッシュをテイスティング

アイルランド南東部カーロウ州で2016年にオープンしたロイヤルオーク蒸留所によるブレンデッドです。

すべて自社製のモルトウイスキー、ポットスチルウイスキー、グレーンウイスキーを混ぜ合わせた、いわばシングルブレンデッドアイリッシュ。
しかも樽はバーボン、シェリーに加えイタリア産マルサラワインという、まさに大道芸人(バスカー)のようなことをやってのけてます。

だからなに?というと、ピートやフローラルのような大きく香味を引っ張る要素はないんだけど、小粒な要素が現れては消え……といった感じ。
ボディ自体は軽くても、アイテムを探す楽しさが溢れているから面白い。
BARで最近急に目立っていて、これがキそうな予感がします。
ハイボールやロックでも、いろいろと飲み比べたい。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性