オーバン14年、内向的なのがいい。

オーバン14年

ディアジオ(旧UD社)のクラシックモルトの西ハイランド代表、オーバン。
オフィシャルの定番をいただきました。

オーバン14年(OBAN 14 Years Old) 43%

  • 香り…うっすらピート。蚊取り線香、パンケーキ、蜂蜜、ライム。
  • 味…やや油っぽく、チクッとする入口。その後は甘さ優勢。バターロール、クレイジーレモン。後口はドライで余韻短い。
  • 総評…どれも控えめでつかみどころがなく、それが良いバランス。

85点

@カドヤ黒門町スタンド

オーバン14年をテイスティング

熟成に使っているのはバーボン樽と思われますが、その特徴は微細。
むしろほんのり乗った燻煙がくすぐったい感じです。
バイプレーヤーばかりの群像劇を見ているかのよう。
そう、オーバンって主役たるキャラクターがいないんです。
みんな控えめ。

個人的にオーバンをなぜ素通りしがちなのか(失礼)。
それはシングルモルトな個性よりも、控えめキャラが集まったからでは、と思うのです。
秀逸なブレンデッドウイスキーほどスルスルと飲め、感想としては「ただウマい」だけ。

オーバンにはシングルモルトらしからぬ中庸があります。
いや、中庸どころか内向的ですね。
そしてそれこそがオーバン14年の特徴なのです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性