エライジャクレイグ、軽やかなバーボン。

エライジャクレイグ スモールバッチ

結論、飲みやすいバーボンでした。
陽の高い、まだ明るいうちから飲むにうってつけです。

エライジャクレイグ スモールバッチ(ELIJAH CRAIG) 47%

  • 香り…溶剤を入り口に、昔ながらの洋菓子。ベンゼン、バタークリーム、チェリー。
  • 味…柔和でスルスルと飲みやすい。カルメ焼き、カスタードクリーム、
  • 総評…トレンドを感じさせるライトタッチのバーボン。ひじょうに飲みやすい。

85点

@カドヤ黒門町スタンド

エライジャクレイグ スモールバッチをテイスティング

昼酒やまだ暮れ残した時間など、明るめの時間に飲むにふさわしい。
軽いバーボンで、スターターとしても吉。
健康志向と相まって、こういう軽やかなウイスキーは今後しばらくは全盛となるのでしょうね。

このエライジャクレイグは、終売となった「エライジャクレイグ12年」の後継品で、8〜12年の原酒で構成しているそうです。
スモールバッチと銘打ってますから少量生産なのでしょうけど、実際どれくらいの本数が出ているのでしょうか。
近所の酒屋さんではよく見かけます。

1783年にルイヴィルで初めてウイスキーを製造したといわれるエヴァン・ウィリアムズ。
その後すぐ1789年にジョージタウンで初めてトウモロコシベースのウイスキーを造ったといわれるのがエライジャ・クレイグ。
両ブランドとも、今では同じヘブンヒル社で製造されているんですよね。
両銘柄をオールドボトルと、今のもので「垂直飲み」で同時に飲み比べてみると面白そうです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性