シングルモルト津貫ピーテッド、ピートよりもリンゴ。

シングルモルト津貫 PEATED

今年1月発売、本坊酒造マルス津貫蒸留所のシングルモルトの第2作をいただきました。
「ピーテッド」は控えめで、おとなしいウイスキーです。

シングルモルト津貫 PEATED(Single Malt Japanese Whisky TSUNUKI Peated) 50%

  • 香り…ピートの入口。アップルパイ、ブラックチェリー、桃、クラフティ。
  • 味…ライトボディでリンゴが前面。アップルパイに加え、カルヴァドスっぽさも。
  • 総評…スモーキー、ピーティをアクセントにしたライトなシングルモルト。

87点

@Atrium Ginza

シングルモルト津貫 PEATEDをテイスティング

津貫蒸留所(鹿児島県南さつま市)の開設は2016年11月。
ラベルにあるとおりオープンした2016年〜2017年蒸留で3年熟成。
ピーテッドモルト原酒をバーボン樽熟成させているそうです。

同社マルス信州蒸留所の「駒ヶ岳」よりも、個人的にはこちらのほうが好みです。
津貫は信州よりもヘヴィな酒質を目指しているそうですが、「津貫 PEATED」は飲みやすく、優しささえ覚えたほど。

全体としてスコットランドの内陸系ピートを彷彿させるピートが、うっすらとしたアクセントに。
マルス信州とは明らかに違い、トロピカルとまでは行かないものの、南国的なコンテンツを感じさせます。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性