ジョニ黒のシェリー版に、”黒”と”緑”の間に入る定番化を期待。

自宅飲みブレンデッドウイスキー更新。2018年10月30日に発売された、5,000ケース限定のジョニ黒「ジョニーウォーカー ブラック12年 シェリーエディション」です。近所のリカーマウンテンで購入しました。

キリンのサイトによると、キーモルトのカードゥのほか、ディアジオの「花と動物シリーズ」でおなじみストラスミル、ブレアアソールなどがブレンドされているそう。

ブレアアソールは、シェリー樽の特徴がもろに出た非常に「濃ゆく、甘い」シングルモルトです。シェリー樽が極端に好きというわけではないですが、この自分のブログで検索したら、自分でけっこう好意的に書いてました。

もっとも情報がオープンにされている原酒だけで語るのは表面的ですが。ジョニ黒だけで29種もの原酒が使われていますから、このシェリーの限定版もその骨格はそのままに、シェリー樽熟成の原酒を強めにブレンドしているのでしょう。

で、味わいですが。これはジョニ黒のイメージで飲んだら、かなり違います。ジョニ黒の煙さと引き換えに、シェリー樽の特徴のミックスドライフルーツやハチミツっぽさが加わった感じです。

「ジョニ黒うまい」と普段飲みしている人ほど、このリッチさはかえって違和感があるかもしれません。ジョニ黒ファンにも意見が二分しそうだと思いました。

が、なんにせよ限定です。好評なら定番化もありうるのでは(ない?)。ジョニーウォーカーはグリーン、ゴールド、プラチナ、ブルーとお値段が上がるほど、スムースでクセのない仕上がりです。

このシェリーエディションはリカマンで2,980円(税込3,218円)です。シングルモルトミックスのグリーン(アイランドグリーンも)好きとしては、「黒」と「緑」の間に割って入る何かを期待したいところで、このシェリーエディションは、価格帯としてもまずまずの試金石になるのでは?と思うわけです。

ジョニーウォーカー ブラック12年 シェリーエディション

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性