ラフロイグ18年の限定ボトル、案の定アイラっぽくない。

ラフロイグ18年 ダイアモンドジュビリー版

ラフロイグ18年の旧ボトル……ならぬ記念ボトルに遭遇しました。
2012年のボトルです。

ラフロイグ18年(Laphroaig 18 Year Old Queen’s Diamond Jubilee Edition) 48%

  • 香り…銀ガムで包んだハーシーチョコ、焼いたパイナップル、カスタードプリン、前面ではなく背後にピート。空のグラスに線香の残り香。
  • 味…焼いたサンマのワタ、バナナや焼いたパイナップル、フェンネル、タバコ、ヌテラ(ヘーゼルナッツペースト)からのカツオ出汁。
  • 総評…香りだけ嗅ぐとスペイサイドっぽく、味わううちに焦げたパイナップルからのダシ汁へと途切れない。マイルドだけど変化がダイナミック。

87点

ラフロイグ18年 ダイアモンドジュビリー版をテイスティング

2012年の女王エリザベス2世即位60周年=ダイヤモンドジュビリーの記念ボトルです。
ひとことで、アイラなんだけどアイラっぽくない。

重厚リッチというよりは、マイルドでねっとりとした甘さの印象が強い。
一本気のピートが特徴的なラフロイグ好きな方には、やや物足りないかもしれません。

でも個人的には好み。
頭のてっぺんから足の爪先まで、細々とキャラクター豊かで、リッチコンテンツです。
最初に違和感、でも後からラフロイグの個性が滲み出てくる……そんな感じ。

なんだろう、正直アイラっぽさはあんまなく、思い出したのはラフロイグの着せ替え版「ロア」の感じ。
記憶の彼方なので、飲み比べて振り返るよりほかありませんが。
とにかく飲みやすい&とっつきやすい、それでいてタレント豊富なラフロイグでした。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性