キルホーマン11年キャンベルタウンロッホ20周年記念、すでに完成形。

キルホーマン11年 キャンベルタウンロッホ20周年記念

クラフトの雄、アイラのキルホーマンの熟成10年超のボトルです。
これはこれでできたボディであり、15年やそれ以上の熟成が進んだときには、いったいどうなってしまうのでしょう。
とても楽しみになりました。

キルホーマン 11年 2007-2019 11年 for キャンベルタウンロッホ20周年記念(Kilchoman 11y Bottled Exclusively for BAR CAMPBELLTOUN LOCH 20th ANNIVERSARY)55.7%

  • 香り…意外に控えめ。イカ焼き、シムネルケーキ、カステラ、レモンピール。
  • 味…甘さのちスパイス。甘草、シナモンたっぷりのチャイ。
  • 総評…アタリの強さはなく、ゆるい甘さが始終支配。チョコレートと合わせてみたい。

89点

@長谷川

キルホーマン11年をテイスティング

東京・有楽町にあるモルトラバーの聖地、キャンベルタウンロッホさんの20周年記念ボトル。
バーボンバレルでの11年熟成シングルカスクです。

もっと強めのピートがあっても良いのでは? と思ったほど穏やかでスイート。
あえてこの樽を選んだマスター・中村信之さんの見立てにやられました。

ちなみにキャンベルタウンロッホさんは、此度の周年記念としてキルホーマンのほか、グレンファークラス、グレンスコシア、グレンカダム、ロングモーンの4種類を詰めているそう。
前者3種の選択は納得できますが、後者のふたつがシブい!
愛好家に早い者勝ちで飲まれて、もはや見かけることさえないだろうけど。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性