プロフェッサー ムッシュジン、柑橘とスパイス多数。

教授を意味する「プロフェッサー」ですが、このボトルは「カクテルの始祖」ともいわれるバーテンダー、ジェリー・トーマスをリスペクトしたジンです。
カクテルとしてでなくストレートでいただきました。

プロフェッサー ムッシュジン(IL GIN DEL Professor Monsieur) 43.7%

  • 香り…石鹸を入口にバニラ。ジュニパーベリー、シナモンやカルダモンのスパイス、オレンジサバラン。
  • 味…甘さ優勢で複雑。柑橘系フルーツ、黒胡椒、バルサミコ酢、後口はソーダ飴。
  • 総評…柑橘主体だがスイーツやスパイスも多数押し寄せる。カクテルよりもストレートやロック、ソニックなどが良さげ。

85点

@Willow’s

プロフェッサー ムッシュジンをテイスティング

イタリア産のクラフトジンで、造り手はトリノ近郊のアンティカ・ディステレリア・クオリア社。
この「デルプロフェッサー」はベルモットメーカーのフェデリコ・リカットとカルロス・クアリア、ローマの有名BARジェリー・トーマス・スピークイージーのコラボで造られたそう。
「ムッシュ」のほか、より華やかな「マダム」、いにしえのオールドトムジンに近い「クロコダイル」がシリーズ展開されています。

で、この「ムッシュ」は、ウイスキーのような濃いめの色とは裏腹にマイルド。
ジン特有のキツさはありません。
目下隆盛を極めるクラフトジン、リッチコンテンツに振っているものによく出くわします。
雑味がなくポーカーフェイスなロンドンドライジンとは対象的ですね。

「プロフェッサー」とは19世紀アメリカの伝説的バーテンダー、ジェリー・トーマスの愛称だったそうで。
このラベルに描かれた人物がおそらくその人で、フリークショーを行ったバーナム・アメリカン・ミュージアム内のサロンバーを開いたといわれています。
ピンときたあなたは映画に詳しいですね。
ヒュー・ジャックマン主演で興行師P・T・バーナムの半生を描いた米映画『グレイテスト・ショーマン』(2017年)のバーテンダー!? という話になったんだけど、もう覚えてないや、また観なきゃ。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性