キング・オブ・キングス、特徴なさこそ特徴。

マンローズ キング・オブ・キングス

テラコッタというか、フラゴンという陶製のデコラティブな瓶に詰められた中身をひとくち、いただきました。
おそるおそる口にしましたが、意外なほど違和感なし。
むしろ特徴がなさすぎて、もう少しダーティなキャラがほしかったくらいです。

マンローズ キング・オブ・キングス(James Munro & Son Ltd. Munro’s King of Kings) 43%

  • 香り….溶剤、カルメ焼、グレープフルーツ、黒胡椒。
  • 味…ボディは軽い。スパイス、カラメルソース、メントス。加水で氷砂糖、出汁っぽさ。
  • 総評…ヒネ香はなく、むしろ人工的な甘さとスカスカした感じ。古酒の片鱗あるノーマルといった感じで、これはこれで面白い。

84点

@Willow’s

マンローズ キング・オブ・キングスをテイスティング

ラベルだけ見て一瞬、「ん!? ジョン・デュワー&サンズ?」などと読み違えたのは、老眼進むこのワタクシ。
造り手はエディンバラにほど近い港湾都市リースのジェームズ・マンロー&サンズ社。
同社は1905年から禁酒法直前の1919年まで、米国の親会社に代わってダルウィニー蒸留所を運営したらしく。
であれば、以前はダルウィニーが入っていたのでしょう。

こちらのボトルはオールドパーを製造する同社子会社のマクドナルドグリーンリース社にようるもので、原酒にはグレンダランやクラガンモアが使用されていると考えられます。
造り手の歴史はそのままリリース当時から現在のシングルモルトまで思い起こさせ、長き変遷の一端を垣間見ることができます。

このキング・オブ・キングス、昔ながらのウイスキー特有のこっくりとした感触もなく。
スルスルと飲めるのに、振り返ると、いわく言い難しな特徴が面白いボトルでした。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性