アフィリエイト広告を利用しています。

ローンウルフジン、思いのほかおとなしめ。

主原料は大麦をもとにしたハウススピリッツで、14種のボタニカルを使っているそう。ジュニパーの複雑みはなく、麦焼酎のようなプレーンな印象です。

ブリュードッグ ローンウルフ ジン(BrewDog Lonewolf Gin) 40%

  • 香り…バスボム、レモン、ソーダ飴、奥にS&Bのテーブルコショウ。
  • 味…ほのかな甘み。スペアミント、グレープフルーツ、メロンシャーベット。
  • 総評…ジンが苦手な人でも飲みやすいであろうクセのなさ。スイスイ行けるのでペースに注意。

87点

@カドヤ黒門町スタンド

ブリュードッグ ローンウルフ ジンをテイスティング

ブリュードッグ ローンウルフ ジンをソーダ割りで

クラフトビアからマルチな酒造りへ

ブリュードッグは2007年、スコットランドはアバディーン郊外のエロンでジェームズ・ワットさんとマーティン・ディッキーさんが創業したクラフトビールメーカー。2016年にはローンウルフ蒸留所(現在の名称はブリュードッグ蒸留所)を立ち上げ、ビールだけでなくジンやラム、ウオッカ、ウイスキー(モルトウイスキー、ライウイスキー、グレーンウイスキー)などなど「ありとあらゆる酒を造る」と豪語するイケイケぶり。日本でもオフィシャルBARのBrewDog Roppongiが話題になって久しいですね。

ローンウルフジンの飲み方

結論どんな飲み方でもOK。
なにせ名称は「一匹狼」で、パンク(常識に逆らう)を標榜するだけに、さぞや酒も尖ったものをと思いきや、このジンは驚くほど飲みやすい。

最初ソーダ割りで飲んだら、フラットというかニュートラル。全く引っかかりかない。トニックでは若干甘みが立ち……というか、ジンよりもトニックウォーターが際立っちゃうので、ジンの分量を多くしたほうが良いです。ロックはストレートで飲んだときとボディはほぼ変わらず。むしろアルコール感が和らぎ、飲み方としてはこれがベストです。

まとめ的な

良いですね。エッジーなブランドイメージを押し出しつつ、酒質は最大公約数の飲み手に寄せている。巧みなマーケティングが光ります。
余談ながら、ローンウルフは従業員との労使問題が取り沙汰されていました。その後、経営側が謝罪したそうですが。パワハラなパンクス精神なんざ聞いたことないが。好事魔多し、だね。

【送料無料】ウィスクイー ローンウルフジン 700ml 40度【カタログ掲載品】【他商品同時購入不可】

価格:4,048円
(2023/7/29 18:25時点)
感想(0件)

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性