ジンが苦手な人こそ飲んでみてほしい、カバラン・ジン。

カバラン シェリーオークとカバラン ジン

東京・大森のBar Tenderlyにおじゃました際、カクテルの後にいただいた台湾シングルモルトのカバラン シェリーオーク。同店に勤務するカバランのブランドアンバサダー・櫻井悠奈さんの勧めで、そのカバランがこさえたジンもためすことができました。

この青とクリスタルの2層グラデーションのボトルデザインも涼しげですよね。この「カバラン ジン」をストレートでひと口ふた口……。含んでみて思わず口を衝いて出てきたのは、

「これは……もはやジンじゃない」

いやもう、ジンの尖がった感じがまるでない。ジンが苦手という人、だまされたと思って飲んでみてください。

フランス製ジン「エギュベル」を上回る優しい味わいで、南国の温かみとともにクリーム感に支配されます。まずはストレートで飲んでみてほしい。氷を入れるとそのままバニラアイスに変化するのでは?と期待してしまいます(氷は入れませんでしたが、想像です)。もちろんカクテルの主材料としてもイケるはず。丸みのあるマティーニ、いかがですかね。

ジュニパーベリーをはじめ、台湾ゆかりのフルーツがボタニカルに使用されているとか。ジンブームにさらなる旋風を巻き起こしそうなカバラン・ジン、現時点で日本未発売の模様ですが、おそらく時間の問題で入ってくることでしょう。ついにジンに着手か。次の一手はどう来るのか、シングルモルトの動きと同様ひじょうに楽しみです。

櫻井さんにお会いするのはカバランのセミナー以来。その節は、そして今回も良い機会をありがとうございます。また。

(2019年9月19日追記)
朗報です。カバランジン、日本市場で今年10月に発売されるようですよ。リードオフジャパン株式会社さんが公式にアナウンスしています。これは楽しみ! 情報をお寄せくださった方に感謝、ありがとうございます!

カバラン・ジン

カバラン シェリーオーク

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性