バルミニック蒸留所の「カルーン」。甘さが立ったスコティッシュジンです。

スコットランドのスペイサイド地域にあるバルミニック蒸留所(バルメナックとも読める。どちらで表記したらよい?)。1824年創業で、現在はインバーハウス社が所有しています。ここはオフィシャルボトルのリリースがなく、シングルモルトはボトラーズで少しだけ出されているようです。

ウイスキーで有名な蒸留所のはずが、ここは「カルーン」という名のジンを造っていることでも知られています。クラフトジン、プレミアムジンを常時80種類以上揃えているカクテルワークス神保町店に久々に足を運んだので、ためしに聞いてみたら……。やっぱり置いてました。さすがですね。

バルミニック蒸留所「カルーン」

カルーン ジン(ウイスク・イー)

ジンに精通するこの店のバーテンダー、田部武さんに以前「プレミアムジンはぜひともストレートで」と教わり、これという銘柄のジンについては生のまま飲むようになりました。

このカルーン、ロンドンドライタイプで11種類のボタニカルを使っているとか。とにかく非常に飲みやすい。雲のようにふわっとした甘みが前面に出ていて、バニラ、次いでオレンジやレモンといった柑橘がほのかに漂ってきます。

ぼくの場合、ジンはどうしても”駆けつけ一杯”にカクテルで飲むことがほとんど。日本のジンも京都蒸留所の「季の美」やマルス津貫蒸留所の「和美人」などが話題になっていますが、このクラフトジンブーム、どこまで続くか。たまには気分を変えて、ウイスキーと魅力が異なるジンの爽やかさに浸ってもいいですね。

カクテルワークス神保町

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性