ロングジョン、元が軽いからこそ割っていかが?

ロングション

滑らか、朧げ、か細い。
第一選択ではないけど、たくさん飲みたいときや、酒を買い忘れたときに持っておくと重宝しそう。

ロングジョン スタンダード(Long John) 40%

  • 香り…弱々しい。ホワイトペッパー、バタークリーム、後半にコーンスナック菓子。
  • 味…ねっとりした舌触りと酸味。スモモ、メロン牛乳、ロールケーキ。
  • 総評…超ライトなブレンデッド。ロック、ハイボール、食前・食中・食後とシーンを問わず楽しめる。1stチョイスではないが、取り置きに。

79点

ロングジョンをテイスティング

自宅飲み用ブレンデッドスコッチとして、お値段1,180円(税抜)で購入。
メーカー希望小売価格は1,360円。

いやぁー、軽っ軽!
キーモルトはスペイサイドのトーモア。
それ以外にもクセのないモルトだけを選んだかのようなブレンデッドです。

貶しているわけではなく、何も考えずに飲める軽さが心地よいのです。
嫌な感じもなく、スイスイ行けちゃうがゆえに、三日三晩……もとい、昼飲みなしの三晩でボトルを空けました(これを書いている今、もう手元にない)。

ストレートでも氷を入れたロックでもほとんど同じ印象。
えらく軽いから、多少薄まったところで変化を感じられないのです。
個人的にはジョギングから戻ってきてシャワーを浴びたその足で、ロンググラスに氷と炭酸水を入れて飲むハイボールがジャストフィットでした。

軽いがゆえに、「全くウイスキーを飲まない」という人にも、水割りやハイボールといった割り物でお勧めしたいです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性