キルホーマン マキヤーベイ。爽やかなアイラモルト。

少量生産でクオリティ優先、手間とコストを厭わずに地域性を打ち出すクラフト(マイクロ)ディスティラリー。ビールもウイスキーも「クラフト」が大ブームですが、2005年創業のキルホーマンはまさに火付け役。その先見の明に感嘆します。

キルホーマンの定番をきちんと試してみました。

キルホーマン マキヤーベイ

  • 香り…弱めながらも主張あり。海藻、潮風、柿、麻布。
  • 味…ミディアム。入口は柔らかで甘辛く、徐々に甘みが増す。ミント、グレープフルーツジュース、仁丹。後口はスパイス。
  • 総評…一言で「爽やかなアイラ」。アイラ系特有のピート香が苦手な人でも受け入れやすいのでは。まずはストレートで、徐々に水を足しても◯。
  • 次に飲むのは?…ウルフバーン ノースランド。

@カドヤ黒門町スタンド

キルホーマン マキヤーベイ

キルホーマンの定番品で、3〜5年の熟成を経てリリースされたものです。熟成の樽はバーボンとオロロソシェリーバットのふたつで構成比率など詳細は不明。

ですが、柔らかくキツくない甘さはバーボン樽メーンに仕上げているのは間違いないでしょう。同じキルホーマンでもオロロソシェリーバットの影響が強い、「サナイグ」と飲み比べると一目瞭然です。

スモーキーフレーバーの参考になる麦芽のフェノール値は50ppmで、アードベッグ(55〜60ppm)とほぼ同程度。そしてアードベッグTENと同様に柑橘系の甘さもあります。この50ppmの麦芽はポートエレン製。

ほかキルホーマンでは、フロアモルティングで大麦加工した自家製麦芽(フェノール値25ppm)も2割ほどあるといいますから、これはリリース時にはけっこうはプレミアが付きそうですね。

マキヤーベイは現時点でキルホーマンのフラッグシップと位置づけられていますが、3〜5年でこの出来、ベリーグッドです。今後ほどなく出回るであろう10年ものがどう仕上がっているか。期待せずにいられません。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性