約10年ぶりに自宅Wi-Fiルータとモデムを交換。

今の自宅に引っ越してきて以来、初めてWi-Fiルータとモデムを更新しました。
10年も同じものを使っていたとは……ものぐさぶりに我ながら呆れます。

規格がだいぶ古くなっていたことは認識しつつ、なかなか腰が上がりませんでしたが、テレワークを機に思いきって見直すことに。
某家電量販店のキャリア担当のスタッフさんに、自宅の接続状況を画像で見せつつ相談。
「ずいぶんきれいに使ってくださってますね! ありがとうございます」なーんて言ってくれちゃって、いやいや、単になんもいじってないだけ。
結果、交換にかかる費用はタダ、現行の通信費固定のままで解決できました。
いろいろご助言くださりありがとう、au関係の方。

しかし課題はここから。
新しいルータとモデムが届けられたものの、これを交換するのがオソロシクめんどくさい。
こちらでも腰が上がらず、ひと月くらい放置してしまいました。

すぐ済むだろって?
たしかに思ったより早く出来ましたけど、電話線とモデムとルータの配線に格闘するのがイヤでね。
しかも電話線の差し込み口が、本棚の裏側にあるという……わかりますか、本棚をどけなきゃいかんのです。
本棚はもちろん書籍でパンパン……ふぅ。

というわけで汗だくで、これらをやりきったのでした。

行動に起こすのはめんどいですが、通信は日進月歩ですので、更新できるタイミングでアップデートしたほうがいい。
セキュリティの問題もあるし。
ので、たとえばスマホを買い換えるときのように、ショップに行くタイミングで相談するのが良いでしょうね。

変えてから平時はさほど変化ないなと思ったものの、このブログの画像をアップするときに違いを実感。
驚くほど速くてびっくりしました。
さっさと変えときゃよかった。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性