今夏はアイスでノスタルジー。

パピコ

今シーズンは、なんだかスイッチが入ってしまい、コンビニでやたらグリコのラクトアイス「パピコ」を買いまくりました。
定番の「チョココーヒー」「ホワイトサワー」のほか、今年は「マスカット」や「地中海レモン」も出たのでもれなくゲット。
ノスタルジーから抜けられない性分でしてね。
ガキのときに見聞きした、飲んだり食べたりした……そういう体験を経て好きになったものは、今なお郷愁に駆られるのです。

そのうちのひとつが、江崎グリコやグリコ乳業の菓子。
小さいころ、母親に頼まれておつかいに行き、釣り銭でセシルチョコレートを買ってお駄賃を使いきってしまい、母親を激怒させたという苦い思い出があるくらいです(ものすごく怒られたので、まだ覚えてる)。
浪費癖は昔からです、はい。

なんでグリコの菓子やアイスにハマったか?
自分でもわからないのです。
おそらくは当時盛んだったテレビCMから入り、親に買ってもらった菓子やアイスが単純においしいと感じただけの話でしょうね。

小学生当時、買ったグリコの甘いものといえば

【菓子】

  • アーモンドグリコ(キャラメル)
  • ペロティ(棒付きの円形チョコで、アニメキャラが描かれている)
  • セシルチョコレート(田原俊彦と松田聖子の共演CM!)
  • ビスコ(未だに買っている、たまに)
  • コロン(クリームとチョコが中に…嗚呼)
  • ポッキー(直滑降、チョカッコー♪ 松田聖子のCM!)
  • プリッツ(バター味から卒業し、サラダ味好きに)
  • カプリコ(イチゴ味をかじる)
  • プッチンプリン(今も定番、たまに無性に食いたくなる)
  • カフェゼリー(足というかステムにカチッと仕込まれていた別添クリームがおしゃれ)
  • スポロガム(おまけ!)

【アイス】

  • Sky(サワーバニラ味! グリコブランドで個人的にこれが最も好き)
  • パナップ(真ん中のジャムと周りのアイスを、ちまちまと混ぜ合わせるのがたまらない)
  • ジャイアントコーン(カプリコのアイス版)
  • アイスの実(今まさに食べてます)

【飲み物】

  • カプリソーネ(アルミパックにプシュッとストローで刺す飲み方が新しかった)
  • カフェオーレ(円錐型のパッケージが新しかった)
  • 高原の岩清水&レモン(上同、カフェオーレと交互に飲みたいくらい)
  • ドロリッチ(最近の飲み物というかデザート。グラドル出演のCMが鮮烈)

思い起こすに、だいたい、こんなとこかなぁ。
他の菓子メーカーよりも思い入れが強いのがグリコブランドなわけです。
他にも好きな銘柄はたくさんありますが、それはまた別の機会に。

小さなころの記憶って、すごいね。
ぼくは過去に遭った嫌なことは、程度が酷いほど忘れちゃう体質。
だけど、楽しい体験は今なお覚えています。
いつまでたっても覚えてる。

上に書いた菓子は消えていったものもあれば、現在も強固に定番商品の座を譲らないものもある。
自分にとって良い体験をさせてくれたモノ・コトは宝物なんですよ。
一般的評価の、うまい・まずいは関係ない。
そういうもんでしょうよ。

当時放送されていたCMなど、他にも書きたいことがあるので、後日更新します。
眠いのでこの辺で失礼。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性