新梅田食道街「お好み焼きSakura」で牡蠣焼き。

お好み焼きSakuraの牡蠣塩焼き

阪急梅田駅とJR大阪駅の間のガード下にある飲食店街、その名も「新梅田食道街」。
大阪に来るたびにフラフラと酔(寄)ってしまうんですよね。

居酒屋はもとより、鉄板焼、すし、ラーメン、レストラン、ファーストフード、喫茶店、立ち飲み、BAR…。
ありとあらゆる約100店舗が軒を連ねます。

前回大阪に来たとき、Twitterで新梅田食道街のことをつぶやいたら「いいね」をくださったお好み焼き屋さんがあり、さっそく行ってみたんです。
阪急うめだ本店側にある「お好み焼きSakura」さん。
で、これが大正解。
シーズンメニューのカキ塩焼きがオソロシク美味しくて、今回の上阪(上京ならぬ上阪)でも伺いました。

ほんとはさっと食べて席を立つのが良いんだろうけど、ついつい食べすぎ&長っ尻に。
トン平焼きとカキ塩焼き、最後はお好み焼きのカキ玉子というフルセット(あ、ぼくはマヨ抜きでお願いしてます)。
おなかのキャパオーバーとなったのでした。

お好み焼きSakuraのトン平焼き

お好み焼きSakuraのカキ玉子

新梅田食道街といい、大阪駅前ビル(第1から第4まである)といい、大阪は古き良き飲食店街が残っています。
ごった返しているんですけど、同時にホッとするんですよね。
大阪の喫茶店などは愛煙家天国そのもので、良いじゃないですか。

それに引き換え東京は、どこも画一的・均質的でつまらんね。
東京で同じ匂いを感じるのは新宿メトロ食堂街でしたが、建て替えで終了。
リニューアルでシャレオツ化した「横丁」なんぞに興味なし。
横丁文化が萎んでしまう傾向にあるのは残念ですな。

ちなみに、新梅田食道街の字面に注意。
「食堂」ではなく「食道」ですからね、そこんとこよろしく。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性