「旧ヤム鐵道」という大阪の秀逸スパイスカレー。

旧ヤム鐵道のスパイスカレー

大阪に行った際、最近毎回足を運ぶスパイスカレーのお店「旧ヤム鐵道」。
ルクア大阪のバルチカB2F内にある人気店で、最大4種類のカレーが一度に食べられます。

カレーは月替わり。
ただのスパイスカレーではなく、独自性が面白いのです。
ぼくが行ったときはコレ。

  • イカと切干大根の韓国風 牛豚キーマ香草パン粉のせ
  • ヨギーチリポテト添え バナナを忍ばせたペッパーポークキーマ
  • アンコウと木の子のマンゴヤン鶏キーマ 芽キャベツのアチャールのせ
  • たっぷりコーンと白菜の甘みたのしむ野菜カレー

身体にいいものを複数バリエで、しかも大量に摂取できるのが良い。
ライス大、ルウ大、カレー辛口・S辛などのオプションがありますが、個人的にはフツーに4種でおなかいっぱい。
ひとくちサイズのスープカレー(写真右上)も付いていて、これが一等辛い。
毎回汗が吹き出した状態でお店を出るのは、ぼくくらいですが(みんなよく平気だね)。

それにしても凝りようがすごい。
1回レシピを決め打ちしちゃえば良いのかもしれないけど、開発には時間かかりそうだなと想像。

行列は必至ですが、行列嫌いのぼくでも並んでしまう中毒性のあるスパイスカレーです。

もともとは旧ヤム邸という谷町の空堀商店街にある空堀店からスタートし、中之島ダイビル内にある中之島洋館とこのルクア大阪のほか、東京にも進出しています。
大阪の他のお店にも行ってみよ。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性