バッファロートレース、加水でタレント性が開花。

バッファロートレース

ワイルドな野牛ラベルとは裏腹に、複雑繊細なバーボン。
ストレートもさることながら、加水でこそ開花するように思えました。

バッファロートレース(BUFFALO TRACE) 45%

  • 香り…バタースカッチ、アンゴスチュラビターズ、ラム酒、奥のほうに樽香。少量の加水でマーマレードやミントっぽい爽やかさが。
  • 味…トロッとした舌ざわり。ロッテのラミーチョコレート、奥のほうにスパイス。加水するとオレンジジュレ、マンゴーなどのフルーツが。最後はトウモロコシの芯。
  • 総評…つかみどころないリッチで美味なバーボン。ストレートで気難しいが、少量の加水や氷で一気に華やかに。

86点

バッファロートレースをテイスティング

バッファロートレースはコーン80%、ライ麦10%、大麦麦芽10%というマッシュビル(原料の混合比率)。
刺々しさは皆無で、始終まろやかで甘いのは、このレシピによるものでしょう。
トウモロコシ8割以上といえば、他にI・W・ハーパーとか、コーンウイスキーのプラットヴァレーあたりがパッと出てきますが。
久しぶりに飲んだバッファロートレースは、こんなに丸み・まろみを帯びていたっけか、と驚かされました。

個人的にはストレートではスコッチ(それもなかなか花開かない控えめモルト)の気難しさを感じましたが、加水したらガラッと表情が変わってびっくり。
正直、加水のほうが断然面白いです。
これを用いてウイスキー系のカクテル(たとえばオールドファッションドとかウイスキーサワーとか)を作っていただくのも、間違いないだろうな。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性