サントリーの限定ボトル「THE ESSENCE of SUNTORY WHISKY」シリーズを飲み比べ。

サントリーが料飲店向けに展開しているウイスキー「山崎「白州」「知多」の限定ボトルを飲んでみました。2018年2月27日にリリースされたもので、ラベルにはそれぞれの特徴から想起させる「創・遊・夢」の墨文字がデザインされています。3種類すべてカスクストレングス。山崎にはクオリティ、白州には意外性、知多にはユーモアを感じました。面白い企画商品だと思います。

ジ・エッセンス・オブ・サントリーウイスキー

THE ESSENCE シングルモルトウイスキー 山崎蒸溜所 ピーテッドモルト 49%

  • 香り…やや主張あり。薫香、おがくず、後半にフルーツ缶のような甘さ際立つ。
  • 味…ブルーベリー、メロンシャーベット。加水してインパクト変わらず

THE ESSENCE シングルグレーンウイスキー 白州蒸溜所 ライタイプ 57%

  • 香り…華やか。石鹸、パフューム、ハチミツ。
  • 味わい…ややグレープフルーツ。加水して「富士御殿場蒸留所シングルモルト17年」を思い出す。

THE ESSENCE シングルグレーンウイスキー 知多蒸溜所 ワイン樽4年後熟 49%

  • 香り…複雑な酸味。バター、プルーン。後半に甘さ。若干のプラスチック。
  • 味…グレープジュース。加水してキャラメル。

@Bar Atrium Ginza

「山崎ピーテッド」の控えめなピート感が良かったです。「白州ライ」にはさほどのスパイシーさはなく、むしろ華やかで甘みすら感じさせるものでした。「知多ワイン樽」は意表を突くスペックで、味わいにややクセがありましたが、3種類の中で一番面白いものでした。

なんでしょう、ロンドンのスペシャリティ・ドリンクス社が複数の樽を調合した「エレメンツ・オブ・アイラ」のような企画もののサントリー版といえるでしょうか。創造と遊び心とドリーミーに満ちた「エレメンツ・オブ・サントリー」。このシリーズは第2弾以降も展開予定とかで、先々が楽しみです。

THE ESSENCE of SUNTORY WHISKY飲み比べ

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性