アラン アマローネカスク、シロップのような甘さ。

アラン アマローネカスク

うっすらした甘味が漂う心地良さでした。

アラン アマローネカスク(Arran Single Malt Amarone Cask)50%

  • 香り…強い主張。カヌレ、ダークチェリー、プルーン。微かにホワイトペッパー。
  • 味…甘く軽い飲み口。イチジクのコンポート、シナモンのかかったベリー系のデニッシュ。
  • 総評…シロップやレモンの砂糖漬けのような甘みが始終。休日の昼下がりが良さげ。

86点

アラン アマローネカスクをテイスティング

「アマローネカスク」はリブランドしたアランモルトのワイン樽版のひとつ。
8年の熟成を経て、アマローネ樽で追熟を施しているそう。
アマローネは陰干ししたブドウを圧搾して造るイタリアの高級赤ワインで、厚みのあるボディが特徴。

それがアランの原酒と相まって、香りがより際立ってます。
いっぽうでシロップ漬けのような、力が抜ける甘さは好みが分かれそう。
ワイン樽のモルトに一時期ハマりましたけど、飽きが来ないのはバーボン樽や一部シェリー樽なのだと認識させられました。

第二蒸留所が造られるほど人気沸騰のアランですが、個人的には突出した何かよりも「何を飲んでも同じ」な安定路線なんです。
それは定番の年数ものだけでなく、このワイン樽の追熟版やプライベートカスクも同様。
バカっ鼻と舌では明確な差が感じられません。

なんでもできるゼネラリストは重宝されますが、シングルモルトウイスキーのような特徴的な酒でそれを実現させているアランって……凄いプレーヤーです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性