特級時代のコク味、サムシングスペシャル12年。

サムシングスペシャル12年

1986年以降に流通したと思われるブレンデッドウイスキー、サムシングスペシャル12年をいただきました。なんだかんだで、特級=1971年(昭和46年)〜1989年(平成元年)の級別・従価税制の時代に販売されたスコッチを体験できるありがたさ。保存の状態よいものに遭遇できたら、なお幸運です。

サムシングスペシャル12y 43%

  • 香り…封を切ったばかりの蜂蜜、食パン。墨汁、シリアルとミルク。控えめながら主張あり。
  • 味…ライトボディ。ミルクチョコレート、水で少し薄めたハチミツ。
  • 総評…ザ・グレンリベットを彷彿させる優しさ。食前酒にキュッと1杯……引っかけられたら良いなぁ。

@長谷川

サムシングスペシャル12年をテイスティング

ロングモーン蒸溜所を所有し、北米市場向けブレンデッドスコッチ「クィーンアン」などを販売したヒル・トムソン社によるものです。1793年に自営業から出発。1970年にはグレンリベット&グレングラント社と経営統合し、グレンリベット・ディスティラリーズ社に。そのグレンリベットも、より巨大なシーグラム社に買収され、今ではペルノリカール社の所有です。この間わずか200年あまり。歴史の変遷とはかくも早いのですね。

このサムシングスペシャルは、1975年のエリザベス女王来日の宮中晩餐会で「バランタイン30年」とともに提供されたスコッチだそうで。なるほど、そら当時は誇らしげにプロモーションされたことでしょう。

なるほど、「サムシングスペシャル」とは、意訳すると「あなたにとって特別のもの」とでも言えましょうか。実際、優しく質の良いブレンデッドウイスキーというのが第一印象。さらさらと、それでいてしっかりコク味もあります。食後酒としては物足りないかもしれませんが、食前酒として口中の準備をするのに向いているかな、と。

ネットの酒屋さんでは今もフツーに見かけるオールドボトルですが、もしリアルで売っていたら値段次第で躊躇なく買いますね。終売品とはいえ、そんな無い物ねだりをしてしまいます。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性