神戸・山本通の老舗BAR、YANAGASEへ。

YANAGASEでデュワーズ25年

南京町で飲み食いしすぎて、宿にいったん戻って昼寝ならぬ夕寝。
仮眠のはずが、寝過ごしてしまい、この日はこちらでラスト。

北野坂よりも少し奥に入った不動坂にある1966年創業の老舗BAR、YANAGASEさんを初訪問。
BARというよりは蔦が絡まった邸といった感。
ぐるっと階段を上がって扉を開くのは、初めて豪邸にお呼ばれしたときのようなトキメキがあります。

中は暖炉がある空間で、ウッディなしつらいも初めてなのにホッとする。
若い……は言い過ぎか、でもぼくよりも明らかに年若いであろうスタッフ3人が付かず離れずで仕事をしています。

キリッとした店主が声をかけてくれて、楽しい会話を。
こういうときに酒の話ではなく、趣味や推し活の話になるから不思議。

ギムレットを入口に、デュワーズ25年を。
シングルモルトであれブレンデッドであれ、年数が行ってるスコッチって「水」みたいなんですよね。
テイスティングという行為自体が野暮ったいことって、外飲みではしょっちゅうなんだけど、まさにこの時間がそうでした。

それにしても落ち着く空間でしたが、あっという間に23時半のラストオーダーに。
もろに好みなので、次回はもうちょいゆっくり飲むべく、出勤時刻を早めます(痛く反省)。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性