グレントファース15年。軽やかで南国風。

グレントファース15年

「マイベストバランタインをつくる会」参加の際に、いただいたバランタインのキーモルト「グレンバーギ」「ミルトンダフ」「グレントファース」と「スキャパ」。この中で個人的には「グレントファース」が好みなので、この機にメモしてみました。

グレントファース 15y

  • 香り…やや主張あり。チョコレートファッジ、ココナッツ、椰子の木。後半は石鹸のように。
  • 味…ライトボディで若干のスパイス。生姜、ガナッシュ。グーズベリー&クランブルケーキ。終始クリームのような柔らかさ。
  • 総評…南国を感じさせる温かみ。クロスグリやグーズベリーが乗っかったケーキと合わせてみたい。

@松濤倶楽部

グレントファース15年をテイスティング

2019年6月4日、バランタインのシングルモルト(キーモルト)シリーズとして装いも新たにリリースされたバーギ、ミルトンダフ、トファースの3種。いちお限定とされていますが、バランタインのストーリーを背景に、ラベルデザインも統一され、思わずすべて揃えてみたくなる(飲んでみたくなる)仕掛け。マーケティング的にもこちらのほうが反応を見込めますね。

グレントファース(グレントファーズ)は、つい最近飲む機会のあった10年がめちゃウマで、その良い記憶が個人的なアドバンテージになっているのですが。この「グレントファース15年」はますます飲みやすい、というか軽やか。他のバランタインモルトのブランニュー版も同様、構えずに楽しめるような仕上げ方にしているのかもしれません。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性