ウイスキークルーのブナハーブン6年、煙さと南国っぽさ。

アイラの煙さよりも、なぜかアイリッシュのトロピカルフルーツを彷彿させるものがあったんですよね。
終わってみれば両者拮抗している。
どっちつかずの未完成品的な感じ、悪くないです。

ブナハーブン6年 2014 ウイスキークルー向け(BUNNAHABHAIN 6 years old 2014-2021 for THE WHISKY CREW) 55.3%

  • 香り…やや主張あり。バナナ、パイナップル、紫の花、オイルサーディン。
  • 味…鰹節を載せた焼きナス、ヘーゼルナッツ、バニラウエハース、燻製卵。
  • 総評…若さ弾けるアイラ。南国フルーツからの潮気と塩バニラなど、豊かな表情に惑わされる。

86点

@松濤倶楽部

ウイスキークルーのブナハーブン6年をテイスティング

株式会社ウィスク・イーの会員制オンラインショップ(紹介制)によるもので、ボトリングは著名ボトラーのダンカンテイラーです。

なんだろう、アイラっぽさ(スモーキーピーティー)と南国っぽさ(熟しきっていないトロピカルフルーツ)の両方が、綯い交ぜになっています。
居酒屋のおつまみ的要素もあれば、甘味のある軽いデザート感も。
熟成年数が進めばオフィシャルのようになるんだろうけど、その手前は全く異なります。
アイラの中では飲みやすいブナハーブンで、やんちゃな片鱗を感じられたのがニヤリでした。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性