グレンファークラス24年、軽やかシェリー樽。

グレンファークラス24年 1996

おなじみディープで太いボディのグレンファークラスとは異なる、軽やかバージョンです。
24年なのに、なぜかファークラスの素顔(若さ)の片鱗も感じられました。

グレンファークラス24年 1996 リカーズハセガワ&信濃屋&キンコー向け(GLENFARCLAS 24y 1996 1st fill Sherry Butt for LIQUORS HASEGAWA & SHINANOYA & KINKO) 53.4%

  • 香り…一瞬の金属っぽい入口から紹興酒、砂糖たっぷりのデニッシュ、マスカット、オランジェット。
  • 味…メローでほどよい熟成感。バニラクリーム入りレーズンサンド、アプリコットジャム。クローブの余韻が長い。
  • 総評…ファークラスにしてはどっしりではなく、軽やかシェリー。完熟一歩手前であえて水揚げしたような、どこかネイキッドさも感じる。

88点

@燐光

グレンファークラス24年 1996をテイスティング

シングルモルトラバーにはおなじみの酒販店、リカーズハセガワ、キンコー、信濃屋の3社が共同企画したジョイントボトルです。
飲んだ第一印象は「こういう軽いファークラスもあるんだ」という意外性。

たとえば、モルトの垂直・水平テイスティングでトップバッターに選択しても良いのではというくらい。
ディープなシェリー樽が好みの方には、やや物足りないかも。
でも個人的にはライトタッチのモルトが好みなので、これは良かったです。
2021年11月発売でネットではとっくに売り切れていますが、出会えたらぜひどうぞ。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性