燻酒。ハイボール売りだがストレートもいける。

燻酒 アイラシングルモルト

アイラ島といえばウイスキーファン、モルトマニアを狂喜(あるいは辟易)させるスコッチを生む場所。スモーキーで尖った個性ゆえ、飲むならストレートでという愛好家は多いことでしょう。そんなアイデンティティを逆手に取った(?)スコッチモルト販売が、「アイラモルトをハイボールで」と提案するボトル「燻酒」をいただきました。ハイボールではなく、あえてストレートで。天邪鬼でごめんね。

燻酒 アイラシングルモルト 50%

  • 香り…軽やかながらピート香が下支え。クレオソート、硝煙、ミルクチョコ、麦芽。
  • 味…甘口でミディアムボディ。生姜、氷砂糖、七味唐辛子、後半にはメロン。余韻はしっかりと長めで、フェンネルの後口。
  • 総評…薬品的でもあり、アルコール感もしっかり。なのに甘くとっつきやすいゆえ、熟成年数5年前後のアードベッグかと想像。

@JUG

燻酒 アイラシングルモルトをテイスティング

アメリカンウイスキーのKOVAL、スコットランド本土最北端の蒸溜所ウルフバーン、ボトラーのハート・ブラザーズやクーパーズ・チョイスなどなどの輸入を行うスコッチモルト販売さん。この「燻香」(漢字のネーミングがまた心憎し)の中身は不明ですが、白に近い金色の輝きといいフレッシュな香りといい、年数浅めのアードベッグかカリラかなと想像しました。ま、このブログで繰り返していますが、ああでもないこうでもないと想像するのが楽しいんですよね。中身がシークレットなら、ただ身を委ねればよろし。

ストレートでの飲み方はオッケーでした。ソーダで割ったら、よりいい塩梅かもしれませんね。モルトのストレート飲み至上主義に一石を投じる逆張り。ハイボールはスターターのお供にうってつけですが、あえてエッジのきいたアイラでどう?という着想、いいと思います。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性