アフィリエイト広告を利用しています。

ビッグピート クリスマスエディション2019、欲張りアイラだが。

ビッグピート クリスマスエディション2019

クリスマスはとうに過ぎた正月にいただいたクリスマスバージョンのビッグピートです(しかも2年前のリリース)。
ピートも和らいで、飲みやすいライトボディに落ち着いていました。

ビッグピート クリスマスエディション2019(BIG PEAT Christmas Edition 2019) 53.7%

  • 香り…薄い。ピート、TOPSのチョコレートケーキ、アールグレイ、後方にニッキ。
  • 味…甘さ。砂糖と白だしの合わせ出汁、アーモンド、ビクトリアケーキ。
  • 総評…開栓から経っているせいか、香りも味もだいぶ薄い印象。ピートの中のイングリッシュケーキな趣が愉しい。

80点

@LEAP BAR

ビッグピート クリスマスエディション2019をテイスティング

バックバーに鎮座していた2年前のボトルを目に留めたのが運のツキ、ってわけじゃないけど。
最後のハーフショット、つまりぼくの分で瓶が空になったわけでして。
尖ったものが皆無どころか、だいぶフラットになっていました。

ラベルに記されている通り、アードベッグ、ボウモア、カリラ、ポートエレンのヴァッテッドモルト(ブレンデッドモルト)のカスクストレングスです。
それらが互いに顔を見合わせながら、遠慮しているかのようなイメージ。
空気に触れ過ぎて丸みを帯びているのもまたよろしで、この状態で最初に飲んでカスクストレングスと当てられる通人はどれくらいいるのかな。

こういう異色な組み合わせのブレンドは、ダグラスレイン社のような老舗ボトラーの成せる業。
アルコール度数なんて、ほんと参考程度にしておくものですな。

この記事を書いた人