グレンギリー 1990 26年。少し前の時代の、良きウイスキーを想像させる。

マンハッタンとサイドカー、カクテル2杯いただいた後の〆はどうしよっかと考え、マスターと相談していただいたのがコチラ。「グレンギリー1990」です。ふくよかでいて、良い意味で尖がっていない。おかげできれいに1日が決まりました。

シグナトリー グレンギリー 1990-2016 26y(ウイスキーフープ)

  • 香り…ふくよかで温和。麦芽様、メープルシロップかけのトースト。バニラ、トフィ。少しだけ腐葉土。
  • 味…ハチミツ、バニラクリーム、白桃などシロップ漬けフルーツの缶詰。
  • 総評…始終甘く穏やか。深さと奥行きを感じさせる。

@ROOSTER

シグナトリー グレンギリー 1990-2016 26y(ウイスキーフープ)

ボトラーズのシグナトリーがウイスキーフープに対して瓶詰めしたものだそう(松木さんがブログに詳しく書かれています)。

これは超タイプのシングルモルトでした。スイートでクセのない、王道のウイスキー。グレンギリーのある東ハイランド、スペイサイドの少し前のモルトはおそらくこうだったのでは。そんな想像を抱かせるものがありました。

それにしても。仕事が変わったことが影響しているせいか、今年に入って休肝日はどこへやら。一期一会のウイスキー体験(&カクテル体験)、さらにハイペース化してます。この調子で、オフタイムは楽しく飲みまくるよん。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性