歩行者妨害を徹底的に取り締まれ!

テメエの運転するクルマの進行を優先して、横断歩道で歩行者の横断を妨げるドライバー(運転者)を徹底的に取り締まれ、という話です。

ぼくも運転免許を持つ身なので、その立場からあえて言わせてもらうと。
信号なしの横断歩道で歩行者が待っているにもかかわらず、これを無視して通過するクルマが多いこと。
都内に限らず、どこに行っても「よくある光景」と化しています。
自分が運転するゆえ、目に余る行いとして見えてしまうのです。

なぜ歩行者妨害が横行するのか。
仮説ですが、道路では歩行者優先という原則がドライバーに浸透していない、もしくは完全に無視されているからでは。
道路交通法第三十八条違反ですよ。

いつか金沢駅前ロータリーでタクシーに乗ったときの忘れられない記憶があります。
信号がない横断歩道で、ぼくを乗せたタクシーの運転手さんが、渡るのか渡らないのかハッキリしない歩行者をジッと待っていたんです。
その女性二人連れの歩行者は、お喋りに夢中な様子で、明らかに横断歩道を渡る気配がない。

「この状況で進んじゃダメですかね?」とぼく。
「いや、これでもし無視して行けば捕まりますよ」と運転手さん。
それ以上、ぼくは何も言えませんでした。
むしろハッとさせられたくらい。

歩行者妨害するドライバーの言い分はたぶん、「横断歩道に立つ歩行者は、車の流れが途切れるのを待っている」「そもそも歩行者が渡ろうと思っていない」=だから、そのまま一時停止せず通り過ぎて良い、というご都合主義なんでしょうな。
歩行者に渡らせよう、譲ろうという意識すらない……というか、下手すると歩行者が見えていない可能性すらあります。

それが証拠にGoogleのサジェストワードに出てくるキーワードが失笑もの。
「横断歩行者妨害 おかしい」「歩行者妨害 理不尽」「歩行者妨害 歩行者が譲る」などなど。
違反キップを切られたであろうドライバーの検索意図、ザマァみやがれで笑えます。

これらのキーワードは、ドライバーが自分のことしか考えていない典型例で、クルマのほうが譲られて当たり前と思っているのが見え見えのバレバレ。
坊や、いったい何を教わってきたの? 教習所で。
信号がある交差点でも、歩行者の往来の隙を突いてピュッと行こうとするクルマは一網打尽で良いですよ。
どうも最近、警察は高速出口や交差点などでの「一時停止違反」取り締まりを強化しているようですが。
稼ぎに影響するかもしれませんが、易きに流れず、ぜひタチの悪い歩行者妨害をとっちめてください。

ドライバーもクルマを降りれば歩行者です。
その想像力がない輩など、運転免許剥奪でよろしい。

とはいえ、歩行者にもリクエストしたい。
上記でいえばせめて、横断歩道脇に立っていて渡る意思がないなら、せめて車道から遠ざかる、車道に背を向けるなどして、明確な態度を示してほしい。
特に信号があって往来の多い交差点ほどドライバーは気を遣うので。

ちなみにぼくは、横断歩道で譲ってくれた(つまり歩行者を優先してくれた)ドライバーには、必ずお礼のアイコンタクトを送ってから渡るようにしています。

歩行者としては車が急ぐのは理解できるし、譲られて当たり前とも思わない。
せめて互いが気持ちよく、という意味で行き交えればと思うのです。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性