フォアローゼズのスタンダード、デイリーのバーボンに最適。

フォアローゼズ

自宅飲みブレンデッドウイスキー更新。スコッチではなく、久しぶりにアメリカンのバーボンウイスキーで、フォアローゼズのスタンダードです。吉池本店で1,518円(税抜1,380円)。

フォアローゼズ 40%

  • 香り…弱め。森永のラムネキャンディ、夏みかん、アルコールランプ、ハッカ。
  • 味…薄甘いライトボディ。ライ麦ぶどうパン、桃の缶詰。後半はグリコのポッキー。余韻は短くドライ。
  • 総評…バタバタ感はなく、甘さ控えめのバーボン。おやつ(お菓子)箱のような飲み心地が楽しめる。

フォアローゼズはこのスタンダードのほか、ブラック、シングルバレル、プラチナ、スモールバッチなどがあります。フォアローゼズ蒸溜所は、5種の酵母と2種のマッシュビル(原料である穀物の構成比率)を組み合わせて造るのが特徴といわれ、スタンダードはすべて(10種類)の原酒を使うそうです。

バラの香りや、強烈なライ麦香といわれることが多いですが、このスタンダードはさほどでもありません(むしろ、とらえづらいほど)。原酒のいいトコ取りといった様相で、飲み飽きしないスタンダードバーボンともいえます。ジャックダニエルやメーカーズマーク、ワイルドターキーのように味わいと香りの特徴=強みがはっきり出たアメリカンを好む方には、物足りないかもしれません。

けれどもデイリーで飲んだり、自宅で映画を「ながら観」しながら飲んだりする分にはいいと思います。また、よく「バーボンには肉料理が合う」といわれますが、コンロでジュージューする焼肉ではなく、この甘さにマッチするのはジャーキーやハンバーガーなんだろうなぁと思います。個人的にハンバーガー×甘ぁいシェークはテッパンの組み交わせなのですが、そのシェークの代わりにフォアローゼズ(などのバーボン)は絶妙な気がします。今度、合わせてみよっと。

フォアローゼズをテイスティング

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性