グレンゴイン10年。チョコレートの押し出しが楽しい。

自宅飲みシングルモルト更新。定番のジョニ黒の後で、なんとなくノンピートのおとなしめウイスキーが良いかな、と。そんなわけで、ハイランドのお手頃シングルモルトを選んでみました。

グレンゴイン10y

  • 香り…やや出張あり。木、皮革、赤リン、チェリーパイ、加水してナッツチョコレート。
  • 味…温かみ。やや甘くオイリー。アタックはジンジャーシロップ。中盤に硫黄っぽさ、チョコレート。余韻は長め。
  • 総評…パウンドケーキと相性が良さそうで、夜よりも昼間のおやつタイムに1杯行きたい。10年と侮るなかれ。
  • 次に飲むのは?…グレンファークラス25年。

おなじみ近所のリカーマウンテンで3,740円(税抜3,280円)。何気なく購入しましたが、これまたなかなかのシングルモルトです。

自宅テイスティングでうっかり加水してしまったのですが。けがの功名というか、それが奏功。セオリー通り、加水後のほうが香り鮮やかで、なかでもチョコレートの押し出しが強かった。甘党派はたまらんハズです。

ボトルのラベルに記載されている通り、リフィル樽、1stフィルのバーボン樽、1stフィルのヨーロピアンオーク樽で熟成させています。

現在の蒸溜所所有者はイアン・マクロード社。酒育の会サイトの記事に、2018年6月にアサヒビールで行われたブランドアンバサダーのゴードン・ダンダスさんによるセミナーレポートがUPされています。

それによれば、10年の上記構成比率は70%・15%・15%。なるほど、シェリー樽由来の香味をハイライトした感じです。

ちなみに購入したボトルのアルコール度数は40%ですが、サイトでは43%との記載が。リリース年の違いからくるものと推測します。

それにしても、この10年ものは良いですね。コスパ的に、シングルモルトのエントリーとしても最適ではないでしょうか。

次回は年数の異なるものと比較して飲んでみたいです。

自宅でグレンゴイン10年

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性