ラガヴーリン8年、優秀なプロトタイプ。

ラガヴーリン8年

芯はブレずに、とっつきやすくなった印象です。

ラガヴーリン8年(LAGAVULIN 8 Years Old) 48%

  • 香り…若々しくフレッシュ。海苔の佃煮、海藻、蚊取り線香の燃えかす。
  • 味…甘さ優勢のライトボディ。シトラスフルーツ、黄桃、アーモンド、キャラメル。
  • 総評…シトラスフルーツと香の物が同じテーブルに乗ったよう。一瞬撹乱されるが、後半になるほど16年のプロトタイプと判別できる。

87点

@Sherlock

ラガヴーリン8年をテイスティング

ラガヴーリン8年はディアジオが200周年記念ボトルとして限定リリースした際、飲んでいたみたいです。

飲んだときのことなど当然すっかり忘却の彼方ですが、やたらアタリが柔らかいのは同じ。
ウイスキーブームを反映してか、昨今シングルモルトはノンエイジや10年未満のリリースが目立ちます。

10年未満のアイラモルトの近年リリースといえば「アードベッグ5年」が思い浮かびます。

アードベッグ5年は若いのに老成された魅力があるのです、ちょっと出来すぎなくらい。
ただあまりに完成されていて、ある種の「煩さ、鬱陶しさ」を感じたのもまた正直なところ。
おまえが優秀なのは分かったからアピールせんでええわ、と言いたくなるような。

その点、ラガヴーリン8年は出しゃばるでもなく、かといって引っ込み思案でもなく。
将来エリート路線を嘱望される寡黙な書生のようで、なんだか好感が持てました。
新たな定番は順調な船出といえそうです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性