お手本のような、シークレット・スペイサイド1995 22年。

シークレット・スペイサイド1995 22年

ウィスク・イーのモルトウイスキーシリーズ「ウイスキーギャラリー」のうちのひとつ、「シークレット・スペイサイド1995」をいただきました。

こんにちは、hirokiです。
今日はこの秘密のスペイサイドモルトについて少し。

シークレット・スペイサイド1995 22y 55%

  • 香り…上品で心地よい甘い香り。カスタードクリーム、プルーン、マスカット、ミルクチョコレート。
  • 味…果肉とケーキ満載、それでいてベタッとしていない。アプリコットやブルーベリーのデニッシュ、ブラウニー、後半に生姜。
  • 総評…スペイサイドのお手本のような、ふくよか長熟モルト。スルスルと水のように飲める。

90点

@Moon Shine

シークレット・スペイサイド1995 22年をていす

「シークレット・スペイサイド」と秘密っぽくしてますが、グレンロセスです。
ラベル下部をよく見るとBerry Bros.&Rudd Ltd.(BBR)と記されていますので、分かる人には分かるんでしょうね。

22年熟成で樽はシェリーホグスヘッド、シングルカスクのカスクストレングスです。
1995のシェリーということは、80年代に樽詰めされたリアルシェリーでしょうか。
長い熟成年と、樽の良い部分の溶出(2ndフィル以降の樽と推測)が相まって、こうなった気がします。
グレンロセスの良き90年代リリースというやつ、なんでしょうね。

カスクストレングス(樽出し)は個人的にもちろん好きなのですが、最近「通常の加水ボトリングでも全然OK」と思うようになりました。
理由は単純、飲み疲れが激しいから。

ですが、この22年ものはカスクストレングスでありながら重すぎず、スムースでありながら軽くなく。
しっかりとしたボディと甘み、奥深さ=飲んだ感を味わえます。
うまく行けば20年以上の長熟って、たとえカスクストレングスでも「水」のように変化するんじゃないのかなぁ。

「ウイスキーギャラリー」シリーズは、ウィスク・イーさんのサイトを見ると「秀逸なモルトウイスキーを1枚の絵画に準えてリリースする」とあります。
ちなみにこの「シークレット・スペイサイド」のラベルに描かれているのは、シェイクスピアの『真夏の夜の夢』でおなじみ、
「The Quarrel of Oberon and Titania/オーベロンとタイターニアの喧嘩」
で、画家はジョゼフ・ノエル・ペイトンです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性