キタのBARでハイランドパーク3種飲み比べ。

ハイランドパーク限定3種飲み比べ

日曜日の大阪・北新地は、まぁ静かなもんです。
平日でもないのにうっかりキタ近くに宿を取ってしまい、ネオン控えめの北新地本通りを歩いて「しまった、今日は日曜だった」と我に返る有様。
とはいえ曜日に関係なく、SNSで繋がっているBARに伺うことができました。

こんにちは、hirokiです。
今日はキタのバーで遭遇したオフィシャルのハイランドパークの変わり種を飲み比べしたことについて少し。

ハイランドパーク 13y 2005 シングルカスク for LE CLOS 59.1%

  • 香り…バナナ、スモーク、ホイップクリーム、森永ハイチュウ、数滴の加水でレモン。時間経つと石鹸に。
  • 味…甘さから入り、突如衝撃的なドライになりジェットコースターのような緩急。甘くない麺つゆ、辛子。数滴の加水で甘さ増し。余韻長い。

ドバイの免税店「LE CLOS」の10周年記念ボトルです。
1stフィルのアメリカンオークパンチョン樽での熟成。

ハイランドパーク 13y 2005 シングルカスク for LE CLOS

ハイランドパーク 15y 2003 シングルカスク for Wu DRAM CLAN WHISKY SOCIETY 58.2%

  • 香り…ブドウ、プランター、奥にピート、加水するとユリの花。
  • 味…辛さの次に甘さ。薄いブドウジュース、削り節、後口ドライ。余韻長い。

マスター曰く「サルファリーが少しありますが、後々いちばん楽しみなボトル」というもの。

ウイスキーソサエティといってもSMWSではなく、ブルガリア系ドイツ人のボトラーによるクラブです。

こちらは1stフィルのヨーロピアンオークシェリーバットでの熟成。
欧州の人は1stフィルのシェリー樽好きというのが如実に表されたボトルなんでしょうね。

ハイランドパーク 13.5y VIKING SOUL CASK for Allen Chen 55.6%

  • 香り…花火の煙、麦わら、鉛筆の削りカス。
  • 味…甘い。若い麦、蜂蜜、発酵した何か、おから。

台湾のボトラー、アクアヴィテ社代表のアレン・チェンさんが詰めたボトル。
アレン・チャンさんのボトルは以前いただいたことがありました。

13年半のうち12年の熟成スペックは不明で、後半の1年半はアメリカンオークのシェリークオーターカスクで追熟を終えているそう。

いやはや……なるほどのヘザーハニーの世界の片鱗を堪能しました。
後半の二つは興奮して写真を撮り忘れました。

三者三様の個性があるのですが、どれも市場に媚びていないというか、無骨というか……無愛想な感じが堪らないですね。
一般受けよりも、受ける人に受ければいいという気骨さえ感じます(そんなことはないんだろうけど)。

なによりもハイランドパークがオフィシャル名義で、これほど多様に限定リリースをOKしていたことにまず驚き。
けっこうな門戸を開いていたわけですが、あとは選び手の腕次第でしょうか。

が、こうなると片っ端から飲んでみたくなるのが人情ってやつで。

ただでさえ(?)ハイランドパーク蒸留所は行ったことがあるのに、きちんといただく機会を作らず、申し訳なかったなぁと。

また伺いますね。
あ、実はこの後にすてきなボトルを少しだけいただいたのですが、それは次回の記事で。

@Heather Honey

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性