エンシェントエイジ8年、シロップ様の甘さ前面。

エンシェントエイジ8年

「開拓時代」を意味するバーボンは、これでもかというほど甘さ前面なバーボンです。

エンシェントエイジ8年(Ancient Age 8y) 43%

  • 香り…クリーム、シロップ、ピーナッツクリーム、焦げすぎたトースト。
  • 味…パイナップル多めのショートケーキ、ヌガー、シロップ。後半にマルカワのフィリックスガム。
  • 総評…まろやかで軽い。ホイップクリームからチューインガムまで印象付ける甘さ。どちらかといえば食後向き。

80点

@Willow’s

エンシェントエイジ8年をテイスティング

ケンタッキーバーボンの8年で、熟成感というよりも米国ならではのジャンクなイメージの甘さが支配します。
製造はバッファロートレース蒸留所。
同蒸留所のマッシュビル(穀物混合比率)はライ麦が多くても10%(コーン80%、ライ10%、麦芽10%)だけに、スパイス感は皆無。
押し寄せる甘さ攻勢にたじろぐ向きもあるかもしれませんが、なにしろクセがないのでスイスイ飲めます。

同蒸留所はほかに、旗艦ブランドのバッファロートレース、プレミアムバーボンのブラントン、ジョージ・T・スタッグ、イーグルレアなどを造っています。
このエンシェントエイジはお財布にも肝臓にも優しい(?)お手ごろ版といったところです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性