富士御殿場蒸溜所シングルモルト。複雑な果実感が交差するジャパニーズ。

前頁の続きです。2杯目。酒屋さんやスーパーでも見かけるキリンのウイスキー「富士山麓」、そのシングルモルトです。

富士御殿場蒸溜所 シングルモルト17年 スモールバッチ 46%(キリンディスティラリー)

  • 香り…レーズン、ラム酒。アプリコット。
  • 味…非常にリッチ。フルボディ。マーマレードジャム。アンズや黄桃のような核果。
  • 総評…日本製のウイスキーならではの形容しがたい複雑さ。ストレートでじっくりがいいけど、ロックだとまったく異なった顔が現れそう。
  • 次に飲むのは?…新しめだけど、グレンモーレンジ バカルタ。違ったタイプの果実感に転換してみる。

@Shot Bar ゾートロープ

富士山麓蒸留所 シングルモルト17

ちょっとサントリーの「山崎」を彷彿させるものが。しかしながら山崎よりも好みです。なんでだろうか。

こちらも一般には見かけない、答え合わせが難しいシングルモルト。なにしろキリンの公式通販サイト(ソールドアウト)では、一言で「クリーン&エステリー」と。土屋さんの本「シングルモルトウイスキー大全」を引くと、やはり「エステリー」とされています。柑橘もあればドライフルーツもあるし、洋梨のような種子の果実もあれば溶剤のようなアミル系もあるというわけです。

うーむ、そんな広範囲にわたるのか。いろいろ検索したらウイスキーブログのこちらの詳細な解説が非常に参考になりました。具体的な表現を導き出すには、やはり知識と経験が必要だと痛感します。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性