ハイランドパーク蒸溜所限定ボトル。スモーキー&スィートで、秋の夜長にはまりたい。

スコットランド旅行した際、現地でシングルモルトを7本買って持ち帰りました。そのうちの一つが、このハイランドパークです。

ハイランドパーク18y 蒸溜所限定 カスクストレングス 56.4%

  • 香り…ほのかにピート。スミレ、ミント。若干サルファリー。加水して湿った土、キャラメル。時間を置くとより煙く。
  • 味…干しぶどう、ココナッツ。後口はスィート。加水して蕎麦つゆ。余韻はミルクチョコレート。
  • 総評…リッチ&スィートで、特にフレーバーが複雑。食後にビターチョコレートをつまみつつ。
  • 次に飲むのは?…タリスカー18y。もっとローバストに振るならラガヴーリン16y。

ハイランドパーク18年 蒸留所限定カスクストレングス

18年らしい、こってりした甘さと、時が経つほどスモーキーになる香り。このアンバランスさがいい感じです。

メインランド島のビジターセンターで、本当は誰かへのみやげにしようと購入したのですが。ラベルに自分の氏名を書かされ、みやげにするわけにいかなくなり、自宅に置きっぱなしにしてました。

ウイスキーを切らしていることに気づいたのが日曜の夜遅く。酒屋さんがやってるはずがなく、かといってコンビニに走るには億劫。というわけで抜栓したのですが、自宅飲み用には贅沢すぎですね。もう半分近く飲んでしまいましたが、少しペースダウンします。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性