超久しぶりにブラントン。

なんとなくバーボンが飲みたくなって、「ブラントン」を飲んでみました。あまりに久しぶりすぎて、こういう感じだったっけ?と思い出せないくらい。

ロックでグラスを口につけると、ピーナッツバターを入口に、ジャムを塗ったくったトーストの香りが押し寄せます。砂糖をたっぷりかけたレーズンバターのような、奥に眠っていたフルーツブランデーのような、こってりとした味わいもたまりません。

バッファロートレース蒸留所を所有するサゼラックカンパニーは、ほかにもエンシャントエイジが有名です。ブラントンはシングルバレルでのリリースゆえ、位置づけはプレミアムバーボンです。

要するに、バーボンの中ではちょっとお高い。ぼくはこれを20代のとき、カッコつけて飲んでましたね、給料日直後に。当時一緒に働いていた先輩に連れられて入ったBARで、最初に知ったウイスキーがバーボンですから。はい、典型的なバーボン小僧ね。

バーボンという名は、米国の独立を支持したフランス・ブルボン王朝に由来します。ブルボンの英語読みですね。若い時分はそんな歴史のことなど知る由もなく……。

見た目のかっこよさと荒っぽいイメージを自分のものにすべく、無理やり喉に流し込み、「やっぱバーボンだぜ」とイキってた、青臭い時代が懐かしい。バーボンって音感がまず良いですよね。牛丼(=ぎゅうどん)のような、なんかこう、力強い響きがあります。

この、いかにもケンタッキーバーボンな風合いを醸し出す、お馬さんのキャップがまた楽しい。ブラントンのボトル一つ置いて、その周りにキャップを並べるだけで、ちょっとしたインテリアです。

なんでこう昔を振り返るかな。味なんかぜんぜん記憶の彼方なのに。そのときの出来事が思い出される不思議。お酒の魅力って、そういう足跡をたどる記憶装置でもあるのかもしれないですね。

@カドヤ黒門町スタンド

ブラントン

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性