ロッホローモンド シングルグレーン、酔狂で水泡。

ロッホローモンド シングルグレーン

よどみに浮かぶうたかた、といった感触が続きます。
あ、個人的には嫌いじゃないです。

ロッホローモンド シングルグレーン(Loch Lomond Single Grain) 46%

  • 香り…アルコール脱脂綿、スポンジケーキやパフェなどのクリーム、蜜蝋、ニオイスミレ。最後のほうで土っぽさ。
  • 味…クレームドカシス、ジンジャーミルク。間にヤンチャな金気っぽさ。後口はそっけない。
  • 総評…浮かんでは消える泡沫のような。後から後から押し寄せるけど、どれも押し出しがない。でも、それでこそのグレーンウイスキーともいえる。

83点

@カドヤ黒門町スタンド

ロッホローモンド シングルグレーンをテイスティング

シングルモルトで知られるハイランドの蒸留所が酔狂なものを。
でもここはストレートネックの特徴的なスチルで造り分けたモルトウイスキーを目下続々と出してますから、連続式蒸留機によるグレーンウイスキーと聞いても、なるほどさもありなん。

で、このロッホローモンドのグレーン、可もなく不可もなく、芯=とらえどころがないんですよね。
どのキャラクターも控えめで、はっきりしてくれよ的な感じ。
ですが、その控えめな一つひとつが、後々にジワジワきて、グラスを空けてみれば「もう少し飲みたい」となる不思議。

なんとピーテッド版もあります。んー、やっぱり酔狂だわ。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性