ブナハーブン12年、クセのないアイラは定番酒候補にも。

ブナハーブン12年

アイラっぽくないシングルモルト――。なぁんて喩え、変ですかね。このブナハーブンは、アイラ島の煙たいウイスキーを好む人からすると違和感を覚えるかもしれません。が、改めて試してみると「定番酒としてもいいのでは」と思うくらいの素直さ、飲みやすさを感じました。

ブナハーブン12y 46.3%

  • 香り…穏やか。レーズンバター、黒板とチョーク、ごくわずかにピート。後半にタパコ。
  • 味…ライトボディで甘い。ブルーベリーデニッシュ、バタースカッチ、ピスタチオ。
  • 総評…軽いながらも繊細な複雑さあり。異彩を放つ「ほぼノンピートアイラ」として、もっとメジャーになっていい。

@Bar Atrium Ginza

ブナハーブン12年をテイスティング

お通しに、酸味のあるブルーチーズケーキを出してくださったため、逆算してドリンクを考え、このブナハーブンを選択。ダナブルーとクリームチーズを合わせたというケーキが濃い味わいで、もっとキックのあるモルトでも良かったかも。でも、ペアリングとしてはまずますでした。んまんま。

このブナハーブン、「シェリー樽っぽい。軽いながらも美味しい」というのが第一印象です。アイラに対する無骨さや、ピーティさといった先入観は覆されます。

麦芽はノンピート(フェノール値2ppm)。輸入先のアサヒビールのサイトを調べても、それ以外の詳細なスペックは謎です。ひじょうに軽いタッチでいて、微妙にシェリー樽っぽさが感じられます。リフィルのスパニッシュオークか、1stフィルのアメリカンオークか……。タンニン由来の渋みが皆無なあたり、絶妙な匙加減が光ります。

レギュラーラインナップは「25年」と、ピートを効かせた(約40ppm)のオールドスタイルによる「トチェック」。この2種類とともに飲み比べてみると、樽のヒントがつかめるのかもしれません。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性