シングルトン18年、新たなベンチマークとなるか。

シングルトン18年

かなり好みの18年。
このシリーズなら12年よりもこちらを選ぶほうが相当お買い得です(好みですけど)。

シングルトン18年(The SINGLETON DUFFTOWN 18y) 40%

  • 香り…りんご、ウスターソース、アプリコット。
  • 味…麦甘。万惣フルーツパーラーのホットケーキ、アプリコット。
  • 総評…飲みやすく、カゴ盛りフルーツを思わせる華やかさ。

86点

@LEAP BAR

シングルトン18年をテイスティング

シングルトンと言われても「?」とピンと来ない人もいると思いますが、スペイサイドのダフタウン蒸溜所によるものです。

アメリカンホワイトオーク樽に加え、ヨーロピアンオーク樽の使用で、12年よりも深い香味。
それでいて熟成進んだウイスキー特有の、水のような余韻もあります。
18年でこれだけのパフォーマンス、申し分なしです。

ここだけの話、グレンリベット18年よりもお気に入り。
今やリベット18年は1万円台、シングルトンはまだ4ケタで買えますから(それでも懐には厳しいですが)、そんな値上げ一方の状況でどちらを取るかは自明。
とはいえ、こればかりは好みなので。
世の18年シングルモルトだけで飲み比べても面白そうだね。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性