小林清志さんの訃報に接し。

『ルパン三世』でご存命のオリジナル声優キャストは、増山江威子さんだけとなってしまいましたか。
あんまり訃報については書かないし、書きたくないけれど、小林清志さんについては本当に寂しいので。

次元大介が自他ともに認める当たり役でしたので、降板のニュースにはとまどいました。
後を継いだばかりの大塚明夫さんも、前任の先輩が早々に旅立ってしまい、さぞ驚いているのでは。

もちろん次元が小林さんの代名詞なのは衆目の一致するところでしょうけど、個人的には石原プロの刑事物のナレーションも挙げたい。
次回予告とか、警察無線の「緊急指令、緊急指令」みたいな声とかには、ガキの時分にずいぶん血湧き肉躍るものがありました。
声を保存して、亡くなった後もAIで再現できるんであれば最高なのに……と思ったときもあったけど、あれだね、それでは今の声優に失礼。

今、時代が求める「声の役者」というのがあるわけで。
昔も今も声優が俳優を兼ねるのがスタンダードだけど、今の声優の目立ち方は凄まじいものがあります(褒めてる)。

いっぽうで元来(声優ではない)専業の俳優も、ナレーションをやらせれば、そこらのアナウンサーよりも上手だったりします。
だから声優も俳優もボーダーレスに活躍してほしいけど、あとは小林清志さんの次元のように代表作になる仕事と出会えるといいね。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性