サントリーリザーブ、ケの日に入れたい選択肢。

サントリースペシャルリザーブ

スコッチでもバーボンでもなく、たまには目先を変えて、でも気楽に飲みたい。
サントリーリザーブはケの日に飲むジャパニーズスタンダードとして、もっと選ばれていいのでは。

サントリー スペシャルリザーブ(SUNTORY SPECIAL RESERVE) 40%

  • 香り…内向的な甘い香り。イチゴ飴、ヌガー、ケーキシロップ。甘さ主体だが、どれも儚げ。樽の残り香。
  • 味…シナモン、チョコレートシフォンケーキ。氷を入れるとマスカットのような爽やかさに。
  • 総評…ぬめっとした甘さ。ストレートでスパイスチャイを彷彿させる味わい。加水やオン・ザ・ロックで白州らしさを感じる。

83点

サントリースペシャルリザーブ

たまにはジャパニーズだよねってことで、2021年の現行品を自宅飲み用に。
700mLボトル、お値段2,390円(税抜)で購入しました。

ハレのジャパニーズウイスキーが山崎や余市といった年数もののシングルモルトとするならば、ケの日に飲むのはブレンデッド。
今のサントリーの選択と集中から推察すれば、第一はやはり「角瓶」なんですよね。
残念ながら今は、CMをバンバン打っていた昭和のひところとは違う。
サントリーおなじみの銘柄であるオールドやローヤル、このリザーブがもっと目立っていいはずですが。
あえて押し出さないようにしているのでしょう。

個人的にサントリーのウイスキーといえば山崎、白州のシングルモルトが真っ先に思い浮かびます。
これらを飲んでいる方がリザーブを口にすれば、キーモルトが白州であると気づくはず。
好むと好まざるとにかかわらず、ひと目でそれと分かるエステリーな山崎と比較すると、白州はいかにも穏やか。
だから結局は判別しやすいわけで。

白州の落ち着き払った感じが、ブレンデッドのリザーブにも反映されています。
ストレートだろうが割って飲もうが、オールラウンドにOKなのです。
開栓した当日、刺身の供にしました。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性