盛岡の旅(9)コッペパン、循環バス、展望台。

盛岡にお出かけの際、「もし時間があればぜひどうぞ」な小ネタをメモしておきます。

福田パン
コッペパン屋さんです。何がすごいって、50種類は下らないその中身。しかも組み合わせやトッピングも可能です。お値段もひとつ150円前後と超お手ごろ。盛岡駅構内北口改札前の店舗(写真)に足を運んだときも、20種類くらいあったのではないでしょうか。訪れるのは女性客ばかりで、飛ぶように売れていました。ぼくはチョコ&カスタード、イチゴジャム&バターを購入。ばっちり自宅用のパンも持ち帰りました。

盛岡 福田パン

盛岡 福田パンのチロル

でんでんむし
盛岡駅発着の循環バスです。1周5.7Km、所要時間約35分。料金はどこまで乗っても大人100円(1日乗車券は300円)。盛岡に初旅行で「どこに行ったらいいかわからない」場合は、とりあえずこれに乗っちゃえばいい。市内の主要スポット周辺をぐるっと周遊します。左回りと右回りがあり、本数は約15分間隔。

盛岡 でんでんむし

盛岡でんでんむし右回りルート

盛岡でんでんむし左回りルート

そうそう、岩手県庁にはラグビーワールドカップの告知掲示板が。観光キャラクター「そばっち」がヘッドギアを付けているかわいいビジュアルに、大笑いしてしまった。

岩手県庁

岩手県庁 ラグビー告知

マリオス展望室
岩手県立美術館や原敬記念館のある西口前にそびえるビル。ここには盛岡市民文化ホールがあって、コンサートや演劇などの催しが開かれています。このビルの最上階に入場無料の展望室があるんです。眺望が素晴らしいのに、いつもなぜか空いているんですよね。

盛岡駅前マリオス展望室

ところで、こういう施設でよく見かける、訪れた人が感想を書くノート。「サービスが悪い」とか「望遠鏡を無料にしてほしい」的なことを書きなぐっているヒトがいて、けっこう驚きます。タダで楽しませてもらってるくせに、図々しいにもほどがある。

盛岡駅前マリオス展望室

盛岡駅周辺でちょっとしたニッチタイムがあれば、体験してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性