冷え込む午前0時過ぎ、穏やかなスペイサイドモルトでまったり。

タクシーの初乗りが安くなりましたね。わりと職住近接なので、夜中でもタクシーを使うのは稀ですが、使いやすくなるのは歓迎。料金確認のため、ためしに職場から自宅まで乗りたかったのですが、途中下車。

運転手さんに降車を告げた瞬間にメーターが650円に。あらら、初乗りで着けなかったか。こちらの一杯で体を温めてから帰宅することしました。

リンクウッド12y(ディアジオ)

  • 香り…華やか。花っぽい。ときどき柑橘。リノリウム、バニラ、パンケーキ。
  • 味…ライトボディ寄りのミディアム。メイプルシロップ、ドライフルーツ、トフィ。
  • 総評…典型的なスペイサイド。ランチ後のコーヒータイムにでも飲めそうな穏やかさ。ストレートで。
  • 次に飲むのは?…ザ・グレンリヴェット12yなら外さない。

@カドヤ黒門町スタンド

リンクウッド12y

ラベルの白鳥も表すように、優雅な味わい。UD社の「花と動物シリーズ」を成すひとつ。ちょっと温和すぎて面白みに欠けるけど、おっとりしたキャラクターもいいよね。何回も飲んだら良さがわかってきそう、そんな感触でした。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性