桜尾と戸河内、シングルモルト2種を飲み比べ。

桜尾蒸留所の1stリリースシングルモルト2種類をテイスティングしてみました。
結論、個人的には戸河内のほうが好み。
とはいえ、どちらも初出とは思えない素晴らしい出来でした。

原酒は同じながら、桜尾蒸留所の敷地で熟成させたのが「桜尾」で、一部の原酒を戸河内トンネルで熟成させたのが「戸河内」。
それだけの違い? これが仕上がりは全く異なるものだったのです。

シングルモルトジャパニーズウイスキー 桜尾 カスクストレングス(SINGLE MALT JAPANESE WHISKY SAKURAO 1st Release) 54%

  • 香り…レーズンバター、イチジク、オランジェット。残り香はアーモンドチョコレート。
  • 味…ベリー系のフルーツ、カルダモン、アンゴスチュラビターズ、カシューナッツ、後口はスパイス。
  • 総評…うっすらと煙い。複雑でありながら若武者のようなやんちゃさも垣間見る。

85点

クリームシェリーの樽で熟成させた原酒を使用。
原酒はノンピート&ピート麦芽両方使用しているそうで、めっちゃ彩り豊か。
落ち着きの無さ、鋭さを見せつつも老成感もある不思議。

シングルモルトジャパニーズウイスキー 桜尾

シングルモルトジャパニーズウイスキー 戸河内 カスクストレングス(SINGLE MALT JAPANESE WHISKY TOGOUCHI 1st Release) 52%

  • 香り…りんごやみかん、盛岡のドライサイダー、うさぎ屋のどら焼き。残り香は豆乳。
  • 味…みかん、クリームサンド、糖蜜たっぷりのパンケーキ。
  • 総評…麦芽様の甘さ前面。穏やかで飲みやすい。デイリーにしたいモルト。

88点

ノンピートのバーボンバレル原酒をブレンド。
バーボン樽系の穏やかなものが好みゆえ、スペックを聞かないまでも個人的な軍配はこちらでした。
雑誌ウイスキーガロア27号(2021年8月号)によると、戸河内は旧国鉄時代に使われていた鉄道用トンネルで寝かせたもの。
どういうわけか、ここで寝かせるとまろやかな味わいになるそう。
特殊な環境が、熟成が進んだ数年後どのように影響をしていくのか楽しみ。

シングルモルトジャパニーズウイスキー 戸河内

それにしても桜尾も戸河内も、3年熟成で恐るべき仕上がり。
10年程度と言われても「そうですか」とうなずいていたことでしょう。
次回リリースには熟成したものだけでなく、いろんな樽で仕込んだものを期待したいです。

@Cocktail Works Ueno

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性