「第1回目」は重複表現。

日常よく話す言葉や聞く言葉で、「違和感」を覚えることってありませんか? 今フツーに使われているけど、それは使い方違うんじゃない?というものをランダムに挙げていきます。学者ではないので厳密さを問うわけではありませんが、明かな誤用だけではなく、乱用されるフレーズや単語について小さな一石を投じます。

初回なので、こちらの言葉を。

第1回目

何がおかしいの、って思います?

正しくは

「第1回」または「1回目」

です。頭か尻尾に一字余分なんです。

「第」と「目」、このふたつが順序を示す語で、バッティングしているんですね。

順序、要するに「第一」とか「次第」とか「5年目」とか、そういうときに出てくるでしょ。ほら「第5年目」なんて言わないでしょ?

今やアナウンサーもタレント司会者も「第1回目は~」なーんて切り出すし、雑誌やウェブでもダブって記載されているし。媒体やプロアマを問わず横行してしまってます。

丁寧に、そして格式ばった使い方の成れの果てが、こんな誤用になってしまったのではと推測。かくいうぼくも無意識に丁寧すぎる敬語を使ってしまいがちで、エラそうなことは全く言えませんが。

丁寧すぎると不自然、もったいつけるとボロが出るという例です。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性