ギムレットのサヴォイ・スタイル。

お世話になっているカクテルワークス神保町のY店長がやめるとの報。独立して大宮駅近くで自分のBARを開くのだとか。大宮、全く土地カンがありません。そうおいそれとは行けないだろうということで、軽く1杯で軽く挨拶に行ってきました。1杯にはサヴォイスタイルのギムレットを。

ギムレットはシェイク&生ライム&ショートカクテルグラスというスタイルが定番、というか、よく知られています。が、カクテルの歴史の源ともいえる「サヴォイ・カクテルブック」のレシピには、ステア&ライムジュース&オールドファッションドグラスと記載。ライムジュースはローズのコーディアルライムと銘柄まで指定されています。

このコーディアルライムは日本では非常に入手しづらいため、このサヴォイスタイルで出してくれる店は少ないようですが……。身近に飲ませてくれる店があったことに今ごろ気づきました。

正統派(?)のギムレットに比べ、サヴォイのギムレットのほうが断然甘いです。ほんと数口で飲み干せてしまいます。調子にのってお代わりしていると、後が怖いですね。

「ギムレットには早すぎる」

チャンドラーの『長いお別れ』から引くまでもなく、僕の1杯目の時刻は遅すぎて、ラストオーダーまでもう後がないのが定石。ギムレットより「XYZ」のが相応しいカクテルかもしれない。

ギムレット サヴォイスタイル