コスパ抜群のカルヴァドス、「クール・ド・リヨン セレクション」をキープしてみました。

1杯目の酒といえば。前のアルマニャックを昨年で飲み切ったので、地元行きつけBARの「置き酒」を更新しました。コニャック、アルマニャックときて、今度はカルヴァドスです。予算をにらみながらKマスターと相談しつつ、「クール・ド・リヨン セレクション 40%」(700ml)にしてみました。

市販品としては3,000円前後で展開されているようですが……。なんという良コスパでしょう。コスパという言葉はあまり好きではありませんが、どうしたって無視はできません。

 クール・ド・リヨン セレクション(カルヴァドス)

飲み方はロックかストレートが特におすすめ。グラスに鼻を近づけた瞬間、果実香がふわっと立ち上ってきます。アルマニャックもおいしいですが、香りはこちらのほうがより強いです。カルヴァドス=りんごの蒸留酒(仏・ノルマンディ地方で生産されたもの)なので当然ですが、非常に爽やかフレッシュ。明るいうち、陽光の下のようなアウトドアで飲んでもイケますよ。

ぼくは入り口の1杯に、トニックウォーターで飲むことが多いです。度数ほどのキツさもなく、香りがいいので女子にもおすすめ。ですからウイスキーと違って、デート使いにも向いてます。いずれにせよオールラウンドな酒ですね。

しかしこの調子でクイクイいくと、あっという間に空にしてしまいそうです。うーむ、どうしたものか。

 クール・ド・リヨン セレクションをトニックで

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性